上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
僕は過去から現在まで一貫して男女の平等があるべき形だと思ってきたし、同時に男はこうあるべき、女性はこうあるべきといったジェンダーの強制や、それとは逆に自己利益のためにジェンダーを都合の良い時にだけ用いる人々を軽蔑してきた。僕は自分のなかに男性と女性の両方が存在していることを長らく感じてきたからだ。そして、告白すると僕自身もそのジェンダーにめくらましをされていたことも長らくあった。恋愛において僕は常に彼氏はこうあるべきという恋人の要求に翻弄されてきた。しかしそれは僕の自然を否定することでもあったことに気づいたのは実のところつい最近のことだ。僕は自分自身が美しいと感じるものに対して愛情を覚える。ナルシズムから発するものだとは思うが自分の魅力を男らしさにあるとは到底思えないし、女性を抱くときの興奮は女体の形とその人の人格を綺麗だと思うからだ。却って男性にはその顔と人格を綺麗だと思う。
けれどもそれは指標的なものに過ぎないし、多くのジェンダーの内側にいる女性たちのように美しくて素晴らしい人格の持ち主でしかも資産的に恵まれている人に求められて、ありのままのあなたとただ居たいなんて言われたら言うこともなくついていく僕なのです。
世の中、人間の愛情のあり方からみれば先に求めたほうが圧倒的に不利で、求める側へただそれだけの理由で立たされてしまう。僕はその不利を乗り越えられるほどの資産に恵まれていないので、求める側に立つ気はさらさらないい。潮騒の甘美な物語の求める側の気持ちはかつて男はこうあるべきだとアルファな女性たちに苦しめられてきた自分を思い出して苦しくさせられる。三島由紀夫自身もこれは死ぬべき哀愁の物語として描いている。このような恋愛はもうありえない。求める側と求められたい側の戦いの時代がこれからしばらく続く。専業主婦の否定と専業主夫の受容は同時に行われて、ジェンダーの内側にいる女性にとって辛い時代になるだろう。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。