上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の長時間の努力が全くの徒労だったことを知ったときほど自分が何のために存在しているのかとぐったりしてしまうことは他にないし、自分の虚栄を人に見透かされてしまったときほど自らの人生そのものを大きな徒労のように感じる瞬間も他にないだろう。こんな仕事つまらない徒労だと思いながらアルバイトをする学生はたくさんいるが、金が帰ってくるぶんだけ徒労よりは遠い。本当にあったのかは知らないが、ナチスが拷問としてひたすら土を掘らせてまた穴を埋めるのを繰り返させるというのがあるが、これももしそれに対価として金が支払われたならなんの徒労にもならない。しかし、これを捕虜にさせるとしたらそれを監督する人もなかなか大変そうに思える。ドイツ人への勝手な偏見になるが、生真面目なせいで離れたところで新聞でも読んで怠けてたらしばきにいくようなくつろぎはできなさそうだ。そういうことはアメリカ人のほうがやっているイメージが浮かびやすい。
しかし徒労が必ずしも無意味なことと思えない。子供のころは勉強よりも徒労のほうがはるかに魅力的に感じられる。部屋の電灯からぶら下がった紐の先を殴ってその跳ね返りを避け続けたり、自転車で校区を一周したり、トレーディングカードの架空の一枚を念入りに作ったり、消しカスからひたすら練り消しを作ったり、これらは確かに何一つ建設的ではないがひとりひとりの多様性を伸ばす最高の乱数のように思えるときがある。はっきりいってこんなブログは徒労でしかない。誰も見ていないしアクセスログがたまに伸びていると、まさに人に徒労を強いたようで申し訳なくなる。人が自分の思っていることをありのままに叫べる場所がありすぎるのも却って問題だ。ここは僕しか書き込めないしコメントもできないしおさわり厳禁でオナニーを見せつける昔ながらの風俗だ。マイナーな小説の題で検索するような暇人しかそもそもやってこない。僕のマスターベイションを見て映画デニッシュガールのリリーみたいに何かの参考にしてくれる人がいたら却って関心するくらいだ。日本だとツイッターみたいな終わりかけのSNSで公共の場でありながらありのままに叫べると思い込んで汁を飛ばしあっているから驚く。SNS疲れはこれからも増えていって、半匿名SNSがこれからの主流になっていくと思う。虚栄を垂れ流す人はいなくならないだろうけど。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。