上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 多くの若者は自己形成への欲求として自身の手で何かを成し遂げたがる。あるいは自身の手で何かを成す事を避けはじめることを、老いるというのだろう。その、多くの何かを形にしたがる若い手が、携帯電話のボタンにばかり向うのは少しもったいない。欲望を覚えたとき、それを形にできる手段は多くあった方がいい。そうすれば何かの手段によって欲望を形作るとき、あなたは実存とその指向性を持った本質との二つ以上の世界に同時存在する。あなたのうちの一つがたとえ殺されようとも、残りの世界でのあなたが生き続ける限りあなたはまだ生きながらえることになる。
 歌いたい? 歌えばいい。
 喉を痛めた? 楽器を演奏すればいい。
 利き手を痛めた? 片手で書けばいい。
 その手もだめになった? 着飾ればいい。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。