上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

離婚と別居にはかなりの差がある。基本的に離婚はどちらかが負けていて、別居はどちらも負けているかの違いだ。別居がその状態に落ち着いて長年そのまま続くようなことが往々にして起こるのはどちらも負けているために、こだわる理由がお互いとは違うところに移ってしまっているからだ。ぼくの両親は7500キロも隔てあっていてこれぐらいの距離がちょうどいいと言うしスカイプをたまにすれば口喧嘩が絶えない。僕や妹が彼らのこだわりであることは想像に難くない。僕は自分自身の未来など全く予想もできないが結婚もしてみたいし離婚もしてみたいと思う。人生何事も経験であるしそのようになろうとしている事柄に対して僕はなにかしら演じたくなってしまう。状況如何で離婚が自分を劇的に映してくれるなら僕はそうしてしまうようなところがある。僕は数年続いた恋を最近終わらされたところだが、この恋の後半僕はずっと彼女を恨んでいたことをいまになって認められるようになった。恨んでいたから僕は彼女に尽くして彼女を抱いて愛の言葉を口にしていた。実のところぼくは自分の友人以外愛してなどいない。しかしその恨みを隠してなお彼女を生涯愛してやろうと考えていた。僕に似た美しい子供を産んで自分はずっと愛されていたと幸せに死なせてやってそのおめでたさを誰にも言わずに笑っておこうと思ったが残念ながら感づかれてしまった。それからもしばらく泣き落としにかかったがうまくいかなかった。僕とはもう結婚しない以上彼女は醜い子を産むだろうからどのみち僕は満足だ。美醜は永遠になくならない差別だ。多岐にわたる美の定義のうちに効率の良さが洗練と捉えられそれがデザインと呼ばれて産業に影響を与え続けるかぎりどうやっても人はこれを否定できない。痩せてる女性を美しいとするなと運動している人々がいるが彼らの運動は理想通りに結実する日はこないだろう。太っていることが非効率である以上、効率性の頂点である鍛えられた健康体を超えられない。
カフェを経営していたとき自らの子に依存しすぎた母親が子供のレベルにまで下がるのを見ることがしばしばあった。それはただ子供に対して幼稚語を使うとかそういうことではなく、依存しすぎているために依存対象が喜ぶものに自らも喜ぶようになるということだ。我が子が笑顔になるのを喜んでいるうちにその子が笑う対象が自分にとってもすばらしく感じるようになって、我が子が嫌うものを自らも嫌うようになる親はたくさんいた。このブログのトップはPCで見るとなかなか趣味の悪い画像が現れる。これは僕が十七歳のときに描いた絵を元にしているが、元々は任天堂のどうぶつの森シリーズに登場する「あやしいネコ」というのっぺらぼうの猫を見た印象だ。依存対象が変わると嗜好が容易に変わる人間は多々いる。中学のときにこのキャラクターに出会ったとき僕自身もその一人であることに気付かされた。それから「こだわりをもたなければ」という焦りに支配された数年間を過ごすことになったが、結果的に吉なのかはわからない。僕は少し人に嫌われやすくなった気がする。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。