上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
面白かったからいいんだけど、映画はどうして実際のできごとを下敷きにしなければならないんだろう。実力のある脚本家が足りないとか売上至上の会社とかそんなことは何一つわからないけども、別に実際に何かを下敷きにしていたとしても言わなくてもいいじゃないと僕が思うのは小説というあまり売れないジャンルにどっぷり浸かりすぎているせいなのかもしれない。そんなに実際の出来事でないと観客が登場人物に移入できない筋書きに納得できないのは、役者のスター性に依存し過ぎなのか、あるいは役者が力不足なのか、ともかくこの映画は事実に寄っているいないにかかわらず面白かったからいいんだ。
マジックインムーンライトでもそうだったが、コリン・ファースはコンプレックスと生まれつき帯びらざるを得なかった威厳を兼ね備えた吃音症の王をよく演じているし、特殊効果を用いて陳腐に仕上げずとも彼の事あるごとの緊張を出していて好きな役者だ。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。