上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
読書は一種の、他者の言葉を介した、自己との対話だ
自分自身とどれだけ話をしたか、ときにそれは経験の対語として知識や教養などと言われる
本を読まないし読めないし読む時間がないなどと言い訳をしている人間は
腹が邪魔で靴下を結べないデブのように哀れだ

知識はいわば経験の短縮だ
過去の人間が膨大な時間をかけて得た経験をそれよりはるかに短い時間で手に入れられるのが知識だ
今の時代にわざわざ車輪を再発明する必要なんて無いじゃないか
それだというのに経験を持ち上げる人間は
彼らは経験を至上として知識を鼻で笑うくせにビジネスなどという社会の森羅万象を最適化する集団的行為に憧れている
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。