苗字というわずらわしいものから抜け出すことができたならと僕はときに思う。苗字というものは常に父の後光だ。
関連記事
スポンサーサイト