多くの人は恋をして恋人にいくつか自分の人生を振り返った話をする。とてもささいな、ただ誰かに話したかったけど話すほどでなかったエピソードを。そしてそんなささやかに重みのある夜を過ぎて二人は結婚するかもしれない。だけど、そんな二人がもう一度人生を振り返ってみるのはきっと四十年後なのだ。僕はもし結婚をすることがあるなら、自分が人生で初めて見た情景をいつでも話せるような恋人にしたい。
関連記事
スポンサーサイト