上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
三島由紀夫の美徳のよろめきを読んだ
よく三島由紀夫の小説が日本の古き良き文体でかかれているという感想を目にするけど
僕はどうしても三島由紀夫と村上春樹は似ていると思う
文章のリズムや心理描写の方法、書き手の距離感、小説家らしい皮肉を置くポイント
それらがとても似通っているし端的に言えば英文学を読んでいるように感じる
小説自体のできは本当にすばらしい
ただただよろめいたにすぎないその一連のふらつき
これを美女が行うだけでどうして面白くなるのだろうと不思議にすら思える
そしてなによりも心地よいのは
「あー、小説を読み終わった」って思わせる物語の出来だ
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。