上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 俺みたいな地位の低いもんには滅多に食べられないあのとっても甘い芋粥、たらふく喰えたら最高だなあ。え、喰わして頂けるんですか。え、こんなにたくさん鍋一杯に……なんだろう急に食べたくなくなっちゃったよ。いかにも芥川な説話小説。
 彼の小説は、特に初期においては読者を選ばないで誰にも平等に教訓を提供してくれる。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。