上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 僕は道徳主義者と自分がどこにもいない奴が大っ嫌い。綺麗事に感動する人間だってもちろん嫌いだし傍観者も理想しか語れないやつも嫌い。学歴とかにしかすがらないと飛んでしまいそうな薄っぺらい人間も見ていて吐き気がするし頭を使わない人間なんか嫌悪する。自分の事を嫌いながらも自己嫌悪する自身がかわいい奴は真底むかつく。善が常に正しいような風潮も嫌い。薄めた尿みたいなインスタントコーヒーを飲むやつは舌を見てもらったほうがいいし、エスプレッソを薄めたブラックを飲む奴は信じられないしエスプレッソに砂糖をいれないやつはナルシシズムに舌を覆われているね。自分は人と違うんだとか思いながら十人並みでなくなるのはいやなやつは好みの調味料を振ったカップラーメンにおぼれるはいかがだろう。いつか新しかった過去のままにしかいきられない人は自身をリデザインするべきだし、歴史を見られずに現状だけしか見えない人はステップという言葉をもうちょっと噛み締めてみたほうがいい、ついぞおぼえたことのない風味が顕われるかもしれない。そして嫌いなものを嫌いなままにさせるのはよくない、僕はそれだったら嫌いなものの性質自体を変えようかとおもう。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。