上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 日本の文学作品には「これでいいのだ」なものが多過ぎる。最も便利な終わらせ方だ。なんか問題が起きていろいろあがいて最後は、「これでいいのだ」。これでいいのかで終わるもっとひどいのも多い。こんなもんか、こんなもんさが最近の主流だね。こうだ!もいるっちゃあいるし、こうよって円熟なお姉さんやこうかなって可愛い女の子もいるけど、こう、の派生でしかない。まあ「こう」やら「これ」が小説だからね。そしてたとえばグレート・ギャツビーのすばらしいところは、「あれさ」ってところだね。僕がもし小説家だったら、「こんなんやってるよこいつ」ってのを書いてみたい。書く程の気力がないけど。
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。